Evernote「同期が4倍速くなりました!」 俺「いや、それよりもクライアントの安定性を…」


evernote04

Evernoteの公式ブログにて「Evernote の同期が 4 倍速くなりました」という記事が掲載されました。
記事のタイトルとしてはそのように記載してますが、単純に4倍速くなったというよりは全体的なシステムの更新が完了し、今後の負荷増にも耐えられる形になりましたという趣旨の記事です。

同期の速度よりも、もっと先に向上させるべきポイントがあるんじゃないだろうか、とちょっと思うところがあったので、頭の中をまとめてみました。

スポンサードリンク

 

Evernoteブログ記事

Evernote の同期が 4 倍速くなりました | Evernote日本語版ブログ

同期の速度が向上

上記記事にて、下記のように記載しています。

私たちが最初にアーキテクチャを構築した時は、ノート数はわずか数千単位で、ユーザの大半は 1 つのデバイスのみを使用していて、自分用にメモを作成していることが多かったのです。それが今ではユーザ数が数千万人になり、複数のデバイスを使用するケースが増え、メモや写真、文書などを保存して共有するようになりました。

この変化に伴い、Evernote の設備も十数個のサーバから 700 個以上に増えて、複数のデータセンターを利用するようになりました。Evernote の同期アーキテクチャは、この成長期も比較的上手く乗り越えてきましたが、永久的に負荷に耐えられるわけではないことも私たちは理解していました。

現在は、すべての Evernote サーバで新しい同期エンジンが稼動しています。

大規模なシステムの更新が大変なのは僕も仕事柄、非常に大変であることは重々承知なので、この人知れず行っていた対応の完了については素直にお疲れ様ですと言いたいと思います。 お疲れ様です!!

それより求めたいのはクライアントの安定性

2014-0130-0601

しかし最近、Evernoteを使っているうえで気になるのは、同期の速度よりもクライアントの動作の不安定さの部分。

DekstopクライアントもWebクリッパーも、僕の環境ではかなりの頻度で(応答なし)の状態になってしまい、それが利用をするうえでのストレスになっていることがしばしば。 僕の場合はノート数が多いので、その関係で安定性が低くなっている可能性もありますが…。

以前にこんな記事を書いたりもしました。
どんどん使いづらくなるEvernoteのWebクリッパーの代わりに、僕はこれを使い始めた。 | Tipstour

今後の改善ポイントとしては、安定性を向上して欲しいなと思ってたんですが…。 単純に「同期速度が4倍です!」と言われても、そもそもクライアントが重たいんじゃあ、あんまり意味ないよなあ。

とはいえ!

同期の速度とクライアントの安定性が必ずしも別々のものであるということはなく、同期エンジン自体が更新したことによって、クライアント側の安定性も望める場合もあると思います。

Evernoteの詳しい計画まではわからないですが、今回の同期エンジンの更新についても安定性向上に関する一環かもしれません。 そこは1ユーザーとして、安定性向上にもつながることを期待しながら、待つことにしたいと思います。

 

また、記事の方ではこのようにも書かれていました。 このアップグレードで、DesktopクライアントやWebクリッパーも、安定してくれるようになると、嬉しいですね。

次の段階では、新しい同期アーキテクチャの優れた性能を有効利用するために Evernote のすべてのアプリをアップグレードする予定です。これにより、同期がさらに高速化されます。また、Evernote の API および開発者向けガイドラインも更新し、連携パートナーの方にも高速な同期を使用していただけるようにします。

以前にも述べた通り、2014 年のテーマは Evernote の本質的な部分を最大限、改良していくことです。まずは新しい同期エンジンを正式に採用することができ、大変嬉しく思います。社内で担当したチームもたくさんの労力をつぎ込んで、稼動を停止させることなく、無事に最初の目標をクリアしました。Evernote アプリの反応が良くなっただけではなく、今年後半に予定している重要な機能拡張への準備も整いました。
より速く、より優れた Evernote をご体験ください。

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly