• フリーソフト
    インストール不要ツール。 クリップボードにコピーされたデータを履歴表示する「CLCL」
    2014年7月29日
  • Webサイト
    カラフルなパターンの背景素材画像をまとめたサイト「COLOUR lovers」
    2012年9月29日
  • アイテム
    GoPro Session 開封の儀(動画あり)
    2016年7月6日
  • Windows
    【メモ】Windows7の言語パックのダウンロードリンク集
    2015年5月29日
  • 旅行
    海外でUberを使って車をチャーター! アプリのダウンロードから乗車方法までまとめ
    2018年3月25日
  • Windows
    MacBook AirでWindows7を動かしたらCtrlキー配置が使いづらいので変えてみた。
    2014年6月10日
  • Instagram
    Instagramの投稿をRSSフィードで出力する『RSS.stagram』
    2013年5月5日
  • Mac
    ボーナスが出たのでMacbook Airの開封の儀を執り行ってみた
    2012年12月19日
  • Excel
    【Excel】特定月の値のみを合計するSUMIF文
    2015年6月8日
  • Windows
    DVD/BDの自動再生方法を変更/無効化する方法。(Windows7版)
    2014年1月6日
  • Windows
    Windows7で日本語入力の言語バーを非表示にする方法
    2015年9月21日
  • Windows
    【Windows10】通知サウンドを鳴らさないようにする方法
    2015年8月8日
  • Excel
    【Mac版Excel】セル内で改行する方法(2011,2016版)
    2017年4月10日
  • Windows
    Windows7でチェックディスクしようとしたら権限がないと言われた場合の対応
    2012年10月3日
  • フリーソフト
    PCに搭載されているメモリのスロット数を、PC本体を分解せずに確認する方法
    2013年12月3日
  • 旅行
    2012/10/17 世界遺産 屋久島の旅 - day3 屋久島一周ドライブ
    2012年11月7日
  • Excel
    【Excel】常に上書き保存をするクセを付けておくべき1つの理由
    2015年4月16日
  • コマンド
    技術メモ。 telnetの表示内容をファイルに出力する。
    2013年12月14日
  • Windows
    操作対象のサーバがラック上のどれだかわからなくなったときに使える確認方法【Windowsサーバ管理者向け】
    2014年9月30日
  • アイテム
    スマホ用レンズのサンプルをご提供いただいたので開封の儀 (割引クーポンコードあり)
    2016年5月5日
  • Windows
    Windows Server 2008 R2のSP1インストール方法が分かり辛かったのでメモ
    2013年8月12日
  • Windows
    Windowsでビープ音を無効にする
    2013年3月12日
  • Windows
    ファイルパスをコピーして、ファイルを開く最短ショートカットキー
    2013年7月30日
  • クラウドストレージ
    米国版AmazonDriveでアプリを使う設定方法【Mac】
    2017年5月25日
  • Excel
    【Excel】土日祝を除いた「営業日」だけの残り日付を表示する方法
    2017年7月23日
  • Windows
    Windowsでゴミ箱を経由せずにそのままファイルを消す方法
    2012年8月12日
  • Webサイト
    「NomadList」がノマド/バックパッキングするのにもっとも良い国・都市を教えてくれる
    2015年10月4日
  • コマンド
    スタートから実行するとすぐ消えてしまうプロンプトのコマンドを消さずにそのまま表示する方法
    2012年6月17日
  • Mac
    Macのトラックパッドでの複数指でのスワイプ機能が直感的に便利で良い感じ!
    2013年1月3日
  • Windows
    Windows7の修復をしたくてもリカバリディスクが手元にない場合…こっそりダウンロードしてみよう
    2013年8月19日

evernote01

Evernoteには「ローカルノートブック」という機能がありまして、
Evernoteのサーバ上にはノートを保存・同期せずに今使用しているPCのみで
ノートを保存する機能になりますが、たとえば会社のみで利用したい外に出したくないデータや、
自宅だけで見たいデータなどをEvernote上で使う際には便利です。

そもそもEvernoteのキモは同期してどこでもノートが見られることなんじゃ・・・?
という話はありますが、Evernoteは全文検索機能に優れている部分がありますので、
その辺を利用するためにローカルノートブックを使うのは結構有用であったりします。

ただ、同期されないということは、PCを変更する際には当然同期されないために
何もしないとそのローカルノートブックのノートは無くなってしまいます。

ぼくも過去に何度かPCを入れ替えた際にEvernoteのローカルノートブックを持っていく方法が
あるかどうかを考えました。

とりあえず、手順としては二つありそうです。

スポンサードリンク

関連記事

とりあえず、簡単な手段としてはふたつあります。

1.一時的な「同期ノートブック」を作成してEvernoteで同期→移行する方法

これは単純なやり方ですね。
原始的に、通常の「同期ノートブック」を作成して、
そこに移行したいノートを全て放り込みます。

そして、同期をスタート。 これでEvernoteのサーバ側に保存されますので
そしたら移行先のPCでも同期をスタート。

あとはその一時的な同期ノートブックが新PC側にも表示されるので
それをまた「ローカルノートブック」を作ってあげてそこに移動すれば、完了です。
あとは一時的に作った同期ノートブックは消してあげましょう。

流れとしては、
(移行元)ローカルノート→(移行元)同期ノート→(移行先)同期ノート→(移行先)ローカルノート
というノートの移動です。

注意点ですが、ふたつあります。
・一時的にはサーバ側に同意してしまうので、完全にローカルのままの移動にはならない。
作業中に誰かに見られてしまう可能性も? あるということですね。

・一時的な同期ノートブックですが、単に削除するだけだとEvernoteの「ゴミ箱」に移動されてしまう。

EvernoteにはWindowsと同じような「ゴミ箱」機能があって、
単純にノートの削除だけをするとここに一時的に保存されるようになっています。
一時的に、といっても自分で削除しないと消えないようで、
しかもこのゴミ箱、ありがたいことに(?)ゴミ箱内のノートまで
Evernoteサーバに同期してくれます。

ゴミ箱で改めて削除をすると、ここで完全に削除されるようになります。
つまり、単純に一時的な同期ノートブックを削除しただけだと・・・
ゴミ箱に残ってしまって・・・あとは、わかりますね。

手順さえ間違えなければこの方法でも大丈夫ですが、
ローカルノートブックが多かったりすると結構手間がかかってミスしやすくなるかもしれません。

2.ローカルのデータベースファイルをコピーして新PCで開く方法

ふたつめは、PC内に保存されているデータベースのファイルごと
コピーして新PCに移行する方法です。
EvernoteのWindowsアプリだと、同期したノートは
オフライン時も見られるようにデフォルトだと全てローカル保存されて
Userのフォルダの中に格納されています。

このファイルを手動で移動していくわけですが、当然ながら移動用のデータ媒体、
USBメモリ外付けHDDが必要です。

先ずはそのEvernoteのメニューから、
「ツール」→「オプション」→「全般」タブ→Evernoteローカルファイル
へ移動します。
elmv001.jpg

ここに現在のローカルファイルの保存先が表示されているかと思います。

デフォルトの保存先は、
Windows XP
C:\Documents and Settings\<ユーザ名>\Local Settings\Application Data\Evernote\Evernote\Databases

Windows Vista / Windows 7
C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Local\Evernote\Evernote\Databases

です。

先ほどのオプション画面から、「データベースフォルダを開く」をクリックすれば
該当するフォルダが自動的に開かれますよ。
elmv002.jpg

さて、手順としてはここの「Databases」フォルダ以下のファイル全てを
移動用のUSBメモリやHDDにコピーしましょう。
そして移動先のPCで同様にEvernoteのソフトをインストールし、
移動先PCのローカルファイルの保存先を開きます。

同期前であれば、殆ど空のファイルがあるだけだと思いますが、
ここに移行前のPCからコピーしたファイルを全てここに移動します。
※移動時は、Evernoteのプログラム自体は閉じておいてください。
→サイズ次第では多少時間がかかるかもしれません。

(ちなみにぼくはEvernoteのデータベースファイル、通常の同期+ローカル含めて
4.3GBありました。 使いすぎでしょうか?w)

さてさて、ファイルの移動が完了したら再度Evernoteのプログラムを開くと、
移動先PCのEvernoteのノートブック一覧にもローカルノートブックが
追加されていることと思います。

作業はこれで完了ですね。

これ自体も難しい作業をするわけでなく単純なファイルの移動なので
そこまで敷居の高い作業ではないと思います。

複数ローカルノートブックがある場合はこっちの方法の方が楽になるかと思いますし、
Evernote内でのノートブックの移動操作ミスなんかもないのでぼくとしては
こちらの手順をおすすめします。

唯一注意点があるとすれば、
移動先のEvernoteに既にローカルノートブックを作っていた際は、
ファイルを上書きしてしまうとその既存のローカルノートブックは消えてしまう
と思われるため、注意です。

まあ、新PCへの移行であれば大して気にすることではないと思います。