コマンドプロンプトに表示された内容をそのままコピー(クリップボードに保存)する方法


コンピュータに設定されている内容やログ等を
Windows標準の機能「コマンドプロンプト」のコマンドで、表示させる場合があると思います。

よく使うものだと、「ipconfig」とか「netstat」とかでしょうか。

この表示された内容をメモするときに、コマンドプロンプトから直接選択してコピーも出来ますが
ここをひと手間省く、「出力された内容を直接クリップボードにコピー」する手順がありますので紹介します。

スポンサードリンク

関連記事

出力された内容を直接クリップボードにコピーするコマンド
実行するコマンドの後ろに、「 | clip」をつけて実行する。

例)
ipconfig | clip

この文字列を付けてコマンドを実行すると、
下記のように表示され、そのままクリップボードにコマンド結果がコピーされます。

あとは通常通りに貼り付ければその内容をペースト可能です。
ccl001.jpg

「|」の間には、特にスペース等入れても入れなくてもちゃんとコピーできるみたいですよ。
この | ですが、 Shiftを押しながら「\キー」を押すと入力できます。
→Backspaceのとなりのあたりです。

これもたったひと手間の違いですが、
いちいちコピーするよりはこのコマンドを使うと
スマートに作業が進められる気がしますね。

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly