MacのChromeで隣のタブへ移動するショートカットキー(Yosemite版)


chrome-extension-2014-0317-224620

最近、メインPCをMacBook Proに移行する計画を実行中です。 Windowsじゃないと出来ないことも少なからず存在してはいるので、全てをMacに移行するという訳ではないんだけど、MacでもできることはProの方で作業するように徐々に徐々に移行中というわけです。

そうなると、今までWindowsでやっていたショートカットキーなどでの操作をMac側でもやりたいという欲がモリモリわいてくるわけですが、細かいショートカットキーがWindowsと違うんですよね。 (特にFinder周りがちょっと不慣れだから使いづらさを感じてしまうのだけど。)

そんなわけで、Macのショートカットキーについても紹介していこうかなと思ってます。 まずはChromeにて、隣のタブに画面を移動するショートカットキーです。

スポンサードリンク

 

タブを移動するショートカットキー

さて、もったいぶることもないので紹介します。 Chromeで左右の隣のタブへ移動するショートカットキーです。

Option + Command + 左右キー

上記のショートカットキーで、現在表示しているタブの隣左右へ移動できます。

OptionキーとCommandキーは、通常のキーボード配列だと左下側のCapsキーと英数キーのそれぞれ中間に並んでます。 左手でOption+Commandを押しつつ、右手で左右でタブ移動、というのが良いでしょう。
Cap 2014-12-29 11.34.33

SafariやFinderの場合

ちなみにSafariやFinderの場合は、下記のショートカットキーでタブ移動ができました。

Control + Tab

このキーで、右側のタブに移動します。 左側のタブに移動したい場合はShift + Control + Tabになるみたいです。

うーん、これだと直感的にどっちに行くのかわかりづらいから、Chromeのショートカットキーの方がわかりやすくていいなあ…。 しかも3つのキーがキーボード左側に集中しているので押しづらいし。

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly