Web上の表(Table)をCSVやExcel, Google Docに貼りつけるChromeアドオン「Table Capture」


table_capture_2014-0906-081325

最近、ネットバンキングや証券サイトなどを使うようになって、画面上のデータを自分で管理したいと思うようになったんだけど、サービスによってはcsv形式での出力を行ってくれないものもあるんですよね。

いまどきWeb上の画面だけで管理をしろというのは、ちょっとユーザビリティ的にどうなんだ? って感じがして仕方ないんですが、ChromeのアドオンでWeb上のテーブルをCSV形式でコピー/インポートできる「Table Capture」というものを見つけました。

ちょっとこれを使ってみようかな。

スポンサードリンク

 

Table Capture


Table Capture – Chrome ウェブストア

テーブル内容をコピーできる

インストールすると、アドレスバー上にこんな感じのアイコンが表示されるようになります。
2014-0906-080152

通常時はアイコンは見えないようになってますが、ページ上にテーブルがある場合はこのアイコンが表示されるようになります。 たとえばTipstourのこの記事で試してみた場合、ふたつのテーブルが自動的にピックアップされました。
2014-0906-080352

アイコンを選択、インポートしたいテーブルを選択して「Copy to Clipboard」を選ぶと、テーブル内容がコピーできます。

ちゃんとテーブルのセルごとにタブで区切られているので、そのままExcelに貼り付ければテーブルとして貼り付けが可能です。 (Web上のテーブルをそのままコピーすると、ただのスペース区切りになってしまうのでそのままだとExcelに貼り付けができない)

Google Docにインポートもできる …けど

Google Docsにもインポート可能です。 これもありがたいですね。

ということで「To Google Doc」から試してみたんですが、空っぽのファイルが作られるだけ。 うーん、なんでだろう?
2014-0906-081939

と思ったら、新規でDocファイルを作るよ! クリップボードにコピーしたので、そこに自分で貼り付けてね! ということみたいです。 なんだそりゃ(笑)

まとめ

  • Web上のテーブルをコピー/インポートできるChromeアドオン
  • タブ区切りでコピー可能
  • Google Docsにも出力できる(半手動)
  • CSV出力できない帳票サービスに使えそう

ちなみに、Tipstourでのテーブルはこのプラグインを使って作成しています。 WordPressユーザにはこれを使うのをオススメします。 便利っす。


WordPressのTable生成プラグイン『TablePress』が便利すぎてもう手放せない | Tipstour

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly