カーナビが物理的にない車に乗ったけどアプリがあれば問題なかった もうカーナビというハードウェアはいらないのかもしれないと思った話


2015-12-08 16.23.58

また技術の進歩でハードウェアがいらなくなってしまったか…。

鹿児島の田舎に滞在していると、やはり行動に車はどうしても必須です。

バスも電車もかろうじて通っている場所ですが、どうしても本数が絶対的に少ないのでやはり自分で運転できる、自分の足となる自家用車の存在は必須ですね。 痛感しました。

そして見知らぬ道を走る場合にはやはり欲しいのがカーナビ。 ナビゲーションでしてくれる人か装置がなければ目的地にはなかなか辿りつけませんからね、個人的にはカーナビ機能は必須です。

が、車の装置として、ハードウェアとしてのカーナビ端末については、実はもういらないかもしれないなと思ってます。

高い金を支払って購入しなくても、もう無料のアプリで全然十分なのかもしれないな。

スポンサードリンク

関連記事

お婆ちゃんの車を借りて鹿児島に滞在

もともと鹿児島市内の病院に入院中のお婆ちゃんの自宅を借りて鹿児島…薩摩半島・屋久島を回る旅をするというのが今回のノマドツアーの目的だったのですね。


無人になった鹿児島の実家に1〜2ヶ月滞在して鹿児島ノマドしようと思っている話 | Tipstour

自家用車も使っていないのでそれも一緒にお借りする想定で来たわけだけど、よくみたらカーナビ装置が付いてないんだ!

そ、そうか…! よく考えたら地元に長いこと住んでいる人は、カーナビがそもそも必要ない! ということなのかもしれないですね…。 そうか…そう言われてみればそうだな…。

これは盲点でした。 大きな道ぐらいは覚えているのだけど、小さな林道とか小道とか、さっぱりわからないもんな、俺…。

スマホのカーナビアプリがあれば充分

というわけで、僕は今回このアプリを使いました。


Yahoo!カーナビ – 渋滞状況もデータ更新も無料のナビアプリを App Store で

ヤフーカーナビはスマホで使える本格カーナビ!車載ナビに匹敵する充実の機能を搭載。

①地図もナビも無料で自動更新
②無料でVICS渋滞規制情報を表示
③駐車場空き情報のリアルタイム表示
④スピード注意情報を提供。

これさえあれば、あなたのiPhoneがカーナビになります。

このアプリは無料でダウンロード可能です。 つまり、カーナビが無料なのです。
 
実際使ってみると、特に不自由なくナビゲーションしてくれました。 曲がる所ではしっかり700メートル前、300メートル前から音声で案内してくれるし、検索機能もサクサクです。

2015-12-08 16.06.12

2015-12-08 16.05.56

むしろ(僕のあまり長くない運転経験からいえば)ハードウェアとして販売されているカーナビの方が動作がモッサリしていて使いづらいというような印象すら受けますからね。 スマートフォンの、特にiPhoneのタッチの反応の良さに慣らされすぎているのかもしれないな。

しかし専門端末が多機能端末の一機能、しかも無料のアプリに操作性で負けてしまうということを考えると、これはもうカーナビ端末を買う人なんていなくなるんじゃないだろうか?

 

そもそも僕はカーナビ端末というか、車自体を買ったことがないので知らなかったのだけど、かつては10万円、いやそれ以上していたこともあったらしい。 しかも地図の更新にも費用がかかる場合もあるとか? マジで?

それと同等の機能が無料で使える時代になってしまったのであれば、そりゃハードウェアの方は売れなくなって当然でしょうね。

ある意味では技術進歩による価格破壊といえるのかもしれない。

スマホ・カーナビアプリのデメリット

しかしやはり、この無料アプリにも多少のデメリットが。

まず、スマートフォンを使うので、電池の消費が激しいということ。 常に位置情報を発信/受信しながら移動しているわけなので、結構電池を消耗します。

目的地にたどり着いた時には半分ぐらいバッテリーを消耗していた、なんてことも。 到着後にもスマートフォンを使うのであれば、充電しながらの走行が必須かもです。

 

また、圏外になると場所の検索ができないというデメリットもあります。

町中を走る分には全く問題ないのだけど、山の奥から発車しようとすると、ときどき目的地が検索できない! というようなこともあったりして。

 

とはいえ、このようなデメリットがあったとしても「数万円と無料」という価格差の前には微々たるデメリットです。 この不景気な時代に、数万円のハードウェアを取り付けるのはアホらしくないですか…?

もう本当に、アプリのカーナビだけでいいんじゃあないかなあ、と感じてます。

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly