間違えてInternet Explorer 10をインストールしてしまったときに元に戻す方法


2013-0911-201246b

やっちゃいました。 Windows Updateを実行したら、うっかりそのままInternet Explorerが9から10へと、バージョンアップされてしまっていました。 インストール中です…という表示でハッと気付いてキャンセルを押したのですが、後の祭りでした。

会社の○○システムの都合上、Internet Explorer 10だと不都合があるため、10にバージョンアップせずに9のままにしていたのですが、Windows Updateをしようとするたびに勝手に10に上げようとするMicrosoftの魔の手にあっさりと引っ掛かってしまった格好です。

(とは言うものの、IE周りは最新にしてもらった方が、Webを運営する側からすると有難いところなんですけどねー、会社内だと、難しい所です。)

さて、そのInternet Explorer 10を9に戻す方法について、メモです。

スポンサードリンク

 

Internet Explorer 10から9へ戻す

2013-0911-153937

コントロールパネルから『プログラムの追加と削除』もしくは『プログラムと機能』へ。
2013-0911-153720

ここで『Internet Explorero 10』をみつけて、『アンインストール』を実施します。

IE10が表示されていない場合は『インストールされた更新プログラムを表示』から更新プログラムを表示させると見つかるはず。
2013-0911-153540

アンインストールの確認を求められるので『はい』
2013-0911-153731

アンインストールが始まります。
2013-0911-153753

終了すると、再起動を促されるので、再起動実施。
2013-0911-154038

再起動が完了したら、IE9に戻ってました。 これで完了です。
2013-0911-141823

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly