• Excel
    【Excel】コメントも一緒に表示して紙に印刷する方法
    2015年7月20日
  • Excel
    【Excel】指定したセルが特定の月かどうかを判断するIF文
    2015年5月30日
  • その他
    iCloudを経由せずにUSBケーブルを使ってiPhoneからMacへと写真を直接取り込む方法
    2014年10月8日
  • iPhone
    iPhoneみたいにワンタッチで画面の一番上まで戻りたくて…色んなソフトのショートカットキーを調べてみた
    2013年4月25日
  • Windows
    【Windows10】通知サウンドを鳴らさないようにする方法
    2015年8月8日
  • 鹿児島
    7月から設置された羽田空港・ANAの新兵器「バゲッジドロップ」を使ってみた
    2015年11月10日
  • Excel
    【Excel】コピー後に残る邪魔な選択範囲の枠線を一瞬で消し去る方法!
    2017年11月10日
  • Office
    Office 365で64bit版のOfficeをダウンロードする方法 (2016年4月版)
    2016年4月21日
  • Windows
    メモ。 Windows7のインストールメディア(ISO)ファイルのダウンロードリンク
    2014年4月28日
  • ニュージーランド
    【NZ】ニュージーランド・ノマドツアー その1 ロトルア→ギズボーン 5日間の旅
    2016年12月15日
  • Windows
    【Windows10】ピクチャのフォルダを移動・変更する方法
    2017年7月5日
  • フィリピン
    フィリピン・マニラのタクシーが客を必ずボッタクってくる本当の理由が判明?
    2016年3月23日
  • ニュージーランド
    【NZ】ニュージーランド・ノマドツアー その12 Great Walks「ケプラートラック」で雲の上を歩く!
    2017年6月30日
  • Excel
    【Excel】ランダムで数値を発生させる2つの方法+ランダムにデータを並び替えるテクニックまとめ
    2017年8月22日
  • Excel
    Excel作業の速さは「Excelで出来ること」をどれだけ知っているかで決まる
    2015年1月28日
  • Excel
    【Excel】日付(〆切)が迫っているセルに、自動的に色を付けて目立たせる方法(動画あり)
    2014年8月25日
  • Webサイト
    9の質問に答えていくと相性の良い国を教えてくれるサイトを試してみたら…見事に納得の結果だった件
    2014年8月17日
  • iPhone
    こりゃロゴ画像作成に役立ち過ぎる! 撮影した写真からシャレたタイポグラフィーが追加出来るiPhoneアプリ『Typic』 しかも現在半額セール中!
    2013年10月2日
  • Windows
    起動しなくなったWindowsからデータを復元したいときに行うべき4つの方法
    2015年7月10日
  • 鹿児島
    【屋久島】「鹿之沢小屋」に宿泊! 花崗岩ブロック造りの無人小屋(動画あり)
    2016年9月28日
  • アイテム
    初心者向けアウトドア用バーナーセット「プリムス・ミニマムスターターボックス」を買ってきたよ
    2015年11月8日
  • その他
    今年もFuji Rock Festival 2013に行ってきたよ! at 一日目(7/26 Fri)
    2013年8月3日
  • Windows
    【Windows10】エクスプローラの新しいウィンドウを開く2つのショートカットキー
    2017年7月27日
  • 音楽
    【iTunes】プレイリストの表示形式を変更する方法 並び替えできる表示形式に変更するショートカットキー
    2017年12月13日
  • その他
    建物全体が卵の形をした、一風も二風も変わった渋谷のクラブ『LX』に遊びに行ってみた!
    2014年1月25日
  • ニュージーランド
    【NZ】ニュージーランドの北島・南島の大きな違いとは!? 実は北の方が温暖
    2016年9月4日
  • ニュージーランド
    【NZ】ニュージーランド・ノマドツアー その11 南島南部の旅 インバーカーギル→ダニーデン
    2017年6月5日
  • コマンド
    テスト用通信メモ。 特定のポート番号の通信を、コマンドプロンプトから発生させる方法。
    2014年2月15日
  • Excel
    【Excel】「列と行」のどっちが「縦か横」かわからなくなったときに覚えておくと便利なこと
    2012年8月6日
  • Excel
    【Excel】スペース区切りでセルを分割する方法
    2016年4月24日

output99_2014-0802-142627

疲れました!

本業の心労がピークに達していて、「起きる→出社→働く→帰る→寝る→リピート」という絵に描いたようなクソ生活に足を突っ込みかけています。 おまけに体調もあまりよろしくないし。

おかしいな…楽に生きるためのアイデアを扱うためのサイトだったのに、描いてる本人が全然楽になってないぞ…。

とまあ、こんなクソみたいな生活からいつか抜け出せることを祈って、いや、抜け出すために自らの知見を豊かにする目的で、読書はなんとか欠かせないようにしてます。 ここを疎かにすると、いよいよ仕事中心な人生という無限ループに入り込んでしまいますからね。 せっかくなので、読んだ本はどんどんTipstourでも記事にしていきたいところです。

ということで長くなりましたが肝心の書評です。 こうして読んだ本は簡単にでもいいので書評を描いていきたいと思ってるところでこのような本を発見。 本を読む。 その後どう活かすか、どうアウトプットについての書籍です。

スポンサードリンク

関連記事

読書はアウトプットが99%


Amazon.co.jp: 読書は「アウトプット」が99%: その1冊にもっと「付加価値」をつける読み方 (知的生きかた文庫): 藤井 孝一: 本

内容

この本、ざっくりと分けてしまうと、おおまかにだいたいこんな感じの内容です。

  • 本をどう読むか
  • 本からどうアウトプットするか
  • 成功してる人はこう本を読んで活かしてる

日々読書をするにはどう読んだらいいかということから、その本の内容をどう活かしていくかという話について語られてます。 だいたい220ページ。 文庫版です。

アウトプットということなので、僕はブログやSNSへどんな風に共有していくのか? みたいな内容かと思ってたんですが、別にネットでのレビュー公開に限らず、どう自分に取り入れるか、フィードバックするかという側面が強かったですね。

筆者は書評メルマガを出しているようで「自分でも書評メルマガを出してみよう」と、妙にメールマガジンに限定した描き方をしてたんだけど、これなら別にブログへの書評記事でもそんなに変わらないと思うけどなあ。

アウトプットする際の3ポイント

さて、僕自身がどれほど書評コーナーを続けていけるかわからないですが、この本の中に「書評を書くときの3つのポイント」が描いてありました。

その本に「何が書いてあったか」「そこから何を学んだか」「それをどう活かすか」

この3つを柱にしてまとめるのがポイントです。

シンプルですね。 でも、このシンプルな点こそが本を紹介する上では重要になるんでしょう。 結局書評を読んでくれる人が知りたいポイントというのは、その3つになるわけだから。

「何を学んだか」と「それをどう活かすか」の違いがなかなか付けづらいところもありますね。 この書籍からで言えば、「本を読むだけでは一過性で何も後に続かない」ということを学んで、「アウトプットをする前提で本を読んで、実践する」ということを活かそうか、という感じでしょうか。

地味に面白かった「金持ちはこう本を読む」というコーナー

いつもファーストクラスに乗っている層の客は、みな読書家だといいます。 10冊くらいの本を持ち込み、搭乗中はずっと本を読んでいる客もいたそうです。

ファーストクラスに乗るような成功者は、移動中にもそれだけ本を読んでいるのだそうな。 成功者も一般市民や貧乏人も、読書はするけどもその本を読む目的と、そこからのアウトプットの質は、成功者はまた違うぞという話です。

このコーナーが地味に面白くて、「一流の人はスキル本ではなく仕組みを学ぶ」とか、「年収ごとに役立ったビジネス書ランキング」なんてのも乗ってます。

別に金持ちになることが生きる目的じゃないですが、僕の場合はあくせく働かなくてもいい余裕のある暮らしをしたい願望がムキムキとあるので、そこに向かって本を読むならどういった本を読んでいくべきなのか、なかなか考えさせられるコーナーです。

マイ・アウトプット

ちなみにこの本に載っていたTipsではないですが、僕はこんな感じで読んだ本の上端を折り曲げて、「後でレビューするポイント」「自分のTipsとして覚えておくポイント」としてマークをするようにしました。
2014-08-02 13.51.03-2_s

こうすることで、後から書評を書こうとするときに要点がすぐ追えるし、折り目をそのままにしておけば数年後に手に取ったときもその場所ですぐ辿り着けるようになりますしね。

この本に直接書いてあったアイデアではないですが、読書メモを取るという筆者のアイデアからインスパイアされたところもありますね。 書いてある内容を咀嚼して自分なりのアイデアとする。 これって最高のアウトプットですよね。