【読みました】仕事の為に時間を節約するだけでなく、自分の為に有意義に使うというライフハック『TIME HACKS!』


timehacks_2014-0713-101828

以前、八重洲ブックセンターの文庫コーナーをブラブラと物色していた際に見つけた文庫本が面白かったのでご紹介しておきます。 今回買ったのは『TIME HACKS!』という時間節約についてのアイデア集的な書籍だったんですが、その他にも整理HACKだったり、勉強HACKだったりといくつかシリーズが出ているものみたいです。

まだ他のシリーズは読んでないですが、このTIME HACKS!だけでもかなり面白かったですよ。

スポンサードリンク

 

TIME HACK!


Amazon.co.jp: TIME HACKS! 劇的に生産性を上げる「時間管理」のコツと習慣 (講談社プラスアルファ文庫): 小山 龍介: 本

時間節約だけじゃない

この書籍、ただ単に時間を節約するためのアイデア集という位置づけなだけではなく、「どうやったら時間を有意義に過ごせるか」という「人生の時間の使い方」についても面白いアイデアが色々と記載されてます。

なので、あくまで忙しいビジネスマン向けに更なる時間の節約を詰め込む…という内容ではないものになってます。 個人的にこういうところってすごく大事なポイント。 僕は自分のプライベートが第一な人間なものので、そのプライベートを重視するための時間節約という観点で語られているこの書籍には結構な好印象を持ちますね。

ただ単純な時間節約という感じではなく、考え方で上手く時間を計画的に使っていく、というのが本書の主軸。 終盤はグループワーク的な話になったり、ちょっと精神的な部分もあったりするところもあったんですが、全体的にはかなり面白くていい感じ。

使えそう。

個人的に使えそうだなー、と感じたアイデアはこの辺。

  • 二分で終わることはすぐに処理する
     (そのためにToDoを設定するほうが手間の無駄)
  • やらないことリストをつくる
     (やるべきでないことをリスト化することで、明確にそれを意識できる)
  • 月曜日に人と会わない
     (月曜日に余裕を持つことで、一週間の忙しさの体感度合いが変わる)
  • 水曜日にはできるだけ人に会う
     (打ち合わせで課題が出ても、その週の中で対応できる)
  • 視界と呼吸のコントロール
     (気が散る要素を避けて作業に集中する)
  • 自分コストを計算する
     (年収と労働時間を割って時間単位のコストを意識する)
  • 夢を自分の携帯の待ち受けにする
     (それを見るたびに、自分の目標を思い出すということ)

この他にも有効活用できそうなハックがたくさん揃ってますよ。 こうして気になったアイデアをリストアップしただけでも「意識して時間を有効に使う」という面が押し出されてる内容なんだなとよくわかりますねー。

時間ハックはメリハリ

仕事ができる人はけっして、自分で「忙しい」とはいいません。 休むときには徹底して休み、遊ぶときには徹底して遊んでいる。 時間は濃密ですが、時間に追い立てられていないため、「忙しい」という印象がないわけです。

という部分があります。 これも時間の使い方の意識の違いで、日曜日に明日の仕事のことをズルズルひきずって時間を無駄に浪費するよりは、平日は平日、土日は土日でキッパリと割り切って活動した方が、長くて短い人生を有効に使うには好ましいということなんですねぇ。 

僕も割りと「忙しくてやりたいことができない」なんて考えがちな人間なんですが、本当にやりたいことがあるのなら明確な意識を持って日々の時間を使ってくべきなんでしょうね。 忙しい忙しいなんて思ってうんざりしてる通勤中の朝なんかに読むと効果バツグンです。 文庫本なので移動中にも読みやすいのでオススメ。

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly