【ブロガー論】ほぼ毎日更新を可能にするTipstourの記事の描き方を晒してみます。


howToWirteTipstour_Cap 2015-01-03 11.11.19

新年ということで、普段あまり描かないようなことを描いていきましょう。 というわけで、こんな記事も描いちゃいますよ。

ここ半年ほど、Tipstourは毎日更新を続けてます。 毎日記事を描いていくことが習慣となっているのです。

改めてこの毎日記事を描くという流れを考えてみると「Tipstourの方法論」というものがしっかり確立されてました。 こうやってアイデアをふくらませて、形にするという流れがだいたいできているんですね。 我ながら大したものだ…。

そういうわけで、みなさんの参考になるかはわからないけどもブログの描き方というものをまとめてみましたよ。

スポンサードリンク

 

1.Todoistにタスクとしてアイデアを放り込む

まずは記事になるアイデアをとりあえずどんどん放り込んでいきます。 記事アイデアは何でも、ネタになりそうだと思ったらすぐさま追加しておくスタイル。

ここはとっかかりの部分なので、記事の内容はとりあえず考えずに記事タイトルだけをどんどん積み重ねていく感じです。 例えば「ブログはこう描いていくべき」というブロガー論をちょっと思いついたらその時点でリストに追加しておきます。

ということで「これ紹介するの何度目だ」って感じですが、記事アイデアをストックする場所として僕はTodoistを使ってます。 ToDo管理サービスだけど、思いついた時点ですぐさまこうして記事タイトルを並べて表示していけるので結構活用できますよ。
Cap 2015-01-03 9.21.45

2.メモ(記事の切れ端)を増やしていく

次に、Todoistのメモ機能を使って記事の切れ端をつけていきます。 簡単に、記事の中身の一部分をバラバラに描いていくイメージです。

「こういう言い回しやフレーズを入れたいな」と思ったら、それを無造作に記事タイトルにリンクして並べていく感じですね。 記事のパーツを増やしていくといえば、なんとなくわかるかな。

文章というものは、一から描こうとすると結構な労力が必要になるわけで、だいたいの人はそこで諦めてしまう場合が多いんですよね。 そういう場合は、記事のパーツを少しずつ増やしていくのが有用です。 一部分を抜粋的な感じで描いていけば、割と労力なくこなせますよ。

3.見出しごとに内容を分割していく

ある程度、記事のパーツが集まったら、大体の記事の流れも頭のなかで出来てきます。 大まかな流れが想定できたら、大見出しを並べていきます。 こんな感じですかね。
Cap 2015-01-03 9.19.47

見出しはブログ記事として描いていく上では重要な要素で、ある/なしでだいぶ勝手が違ってきます。 まず記事の視認性を保つ上で見出しがあるとスッキリして記事が読みやすくなるということ。

また、見出しごとにセクションが分けられているので検索エンジン上も有利になることが多いです。 最近のGoogle検索では検索キーワードに応じて、検索結果上に個別にリンクがサジェストされる場合もあります。 検索結果上は、目立つことがイコールでクリック率の増加につながりますからね。
Cap 2015-01-03 11.13.44

4.記事の切れ端に肉付け

見出しや記事のパーツが集まってきたら、本格的に記事を描いていきます。 見出しを並べた後に記事の文章パーツに更に肉付けしていけば、自ずと記事の形になってきてるはずです。
Cap 2015-01-03 10.56.46

後は見出しごとのつなぎのような、細かい部分を少しずつ調整していけば記事はほぼ完成ですね。 いっちょうあがり。

5.まとめを箇条書きで描く

だいたい記事が書き終わったら、最後の見出しとしてまとめを箇条書きで描いておきます。 記事の内容によってはまとめるようなものでもない場合があるので、そういう時は省略したりもしますね。

6.サムネイル画像を作成する

最後のタイミングで、記事のサムネイルを作ります。 サムネイルを作成する効果のほどは不明瞭だけど、Tipstourのテーマ上、サムネイルがないとどうにも視覚上、スッキリしないので必ず作成するようにしてます。

サムネイルはだいたいWeb上のクリエイティブ・コモンズな画像集から拝借します。 自分で記事サムネを作る場合もたまーにあるけど、ホントにたまーに、ですね。 サムネイル記事を探すときは、だいたい下記のサイトから探してきてます。


ブログ記事サムネに迷ったときに役立つフリー写真を集める最良の7つの方法 | Tipstour

7.投稿予約

記事ができたら後は投稿するだけなのだけど、そのままリアルタイムで公開するのではなく、投稿予約してます。

投稿予約をしておく理由は「定期的な投稿をするために、記事を積み重ねていくスタイルをとっている」から。 毎日安定的に更新をしていくにも、手動で毎日投稿を続けるのは非常に大変なわけですからね。

その辺の話については、この記事にまとめてます。 Tips系ブログは投稿予約で積み重ねていくのがベターだと思いますね。


「予約投稿で記事を貯めていく」か「完成した記事はその場で都度公開していく」か。 ブログ更新を続ける上でベターか? | Tipstour

まとめ

  • まずはブログ記事タイトルを思いついた時に記録する
  • 記事のパーツを少しずつ肉付けしていく
  • まとめや記事サムネイルを作成
  • 投稿予約で安定的に記事を投稿されるように設定

Tipstourの方法論ということで紹介してきたけども、この方法、文章を描くという上でもかなり使える方法論ですよ。 文章はパーツごとに描く。 この方法さえ確立すれば、割とどんな長文でも描いていけると思います。

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly