とりとめないアイデアを溜め込むためのツールとして、『Todoist』と、プレミアムメモ機能が役立ちすぎる! 僕のブログ更新アイデアの管理方法についてまとめてみました。


2014-0121-055844

Tipstourでご紹介しているTips記事のアイデアですが、僕の中ではまだまだ無限に存在してます。 
あれも紹介したい、このテクニックも公開したい… 
そういったアイデアを形に、記事にして公開するまでの時間が満足に取れていないので、その無限なアイデアの大半はまだまだ日の目を見ていないのが残念なところ。

でも、そうしたアイデアは消えることはありません。 そうした小さなアイデアを思いついたときにメモして思い付いたときに詳細を書いていけるツールとして、To-Do管理サービス『Todoist』と、そのプレミアムアカウントの機能のひとつであるメモ機能がすごく役立つ感じだったのでご紹介しておきます。

僕の記事更新のアイデアの管理方法について、まとめてみました。

スポンサードリンク

 

思い付いたアイデアをまずは放り込む

まずは思いついたアイデアを片っ端からTodoistにどんどん登録しましょう。

どんな記事にするかは、とりあえず未定のままでいいのです。 重要なのは、「アイデアとして取り込む」ということで、どのような内容にしていくかは後から考えればOKです。 まずは、色んなアイデアを登録していって、後から見返せる状態にすることが一番の目的なんですから。

これはつまり、ブレインストーミング的な観点から、とりあえずアイデアを出して、その後から肉付けをしていくという考え方になります。

これが徹底出来れば、一瞬頭の中に浮かんだアイデアがそのまま消えることなく、自分の中に残り続けます。 結局、いろんな理由から記事の詳細を書けない場合もあってアイデアが立ち消えすることもあるでしょうが、それもまた何か別のアイデアの糧になるはずです。

Todoistについて

ここでは、アイデアを放り込む先として、Todoistを使っています。 To-Do管理サービスのTodoistについては、過去記事にて何度かご紹介してますので、詳細はそちらを参照くださいませ。

iPhone用アプリもあるTodo管理Webサービス「Todoist」を使ってみた | Tipstour

Todo管理webサービス「Todoist」をChromeから利用出来るアドオン | Tipstour

Todo管理サービス『Todoist』の日本語Twitterアカウントが開始! サービス拡大に向けて本格的に動きがあるのかな? | Tipstour

プレミアムのメモ機能を使って記事本文も書いておく

2014-0121-060513

追加していったアイデアに対して、その記事の本文を書いていく方法は多々ありますが、そのアイデア(To-Do)に紐づいた形でメモを残せる機能が、Todoistプレミアムアカウントには備わっています。

この機能が想像以上に便利で、先ほど思い付いた内容について、「もうちょっと詳しく内容を書いてみるか」と思ったらちょっと空いた時間などにTodoistを利用できる環境があれば

例えば記事の書き出しの一文でもいいし、見出しの大項目だけでもかまいません。 記事を読ませる形でまとめようとするには少なからずパワーが必要になってくるので、なかなか片手間だと難しいところがあるのですが、ほんの一部だけでもメモとして残していくと、
それが後々に、本文を書くための礎になってくれます。

Todoistプレミアムアカウント

ここで、いったんプレミアムアカウントにもご紹介をしておきましょう。

Todoistのプレミアムアカウントは2014年1月現在は29$/年で利用出来ます。 毎月2.4ドル、日本円にして250円で利用出来る計算ですね。 Webサービスで考えると、だいぶお安い部類に入っていると思います。

プレミアムアカウントで利用出来る機能については下記のページにてまとめられています。 iCalendarへのエクスポート、データのバックアップと復元、タスクの検索、など…。

Todoistプレミアム

一番魅力的なのは、To-Doにそれぞれメモやファイルを添付できるようになることですね。 この機能を使えば、前述のとおり記事についての更に細かいアイデアも思い付いたときに残せるようになるので、ブログアイデアを溜め込む上での生産性がグンと上げられます。

実際にメモを追加してみるとこんな感じ。

実際にTo-Doにメモを残してみたいと思います。 先ずはこんな感じで、To-Doを溜め込んでいきます。
2014-0121-053218

To-Doにカーソルを合わせるとふきだしのマークが。 これがメモのアイコンです。 このアイコンをクリック。
2014-0121-053506

メモを追加するウィンドウが表示されます。
2014-0121-053240

ここにこういった形で、本文の内容や記事の書き出し、見出しなどのアイデアを肉付けしていけるようになる、という仕組みです。
2014-0121-053314

ここに残したメモは、すぐさま同期されるので、例えばiPhoneで思い付いた内容をメモに登録して作業用PCで詳しく書いていく…というやり方も可能になりますね。

メモを残すとこんな感じで一覧からもチェック出来ます。
2014-0121-054226

ファイル添付も出来るので、スクリーンショットも付けられる!

メモ機能にはファイルの添付も可能です。 ファイルそれぞれが20MBまでであれば、複数のファイルをTo-Doに添付出来るので、スクリーンショットなどの記事中に貼り付ける画像なども、環境があればここに登録していけます。
2014-0121-053327

つまり、環境さえあれば自宅のPCでなくてもいくらでも記事を更新していくことが可能であるということ…! 例えば職場でも、外出先でも移動中でも、アイデアを思いついたら即入力していくことが可能になる、というわけですねー。

上記のやり方は、ブログの更新に限った話じゃない!

さて、ここまで紹介した方式、僕の場合はTipstourの更新のためにメインに使っていますが、もちろんブログの更新に限らず色んな方式で利用可能です。

例えば、仕事上でやらないといけないタスクをTo-Do登録して、具体的なアイデアを一部ずつでもメモに残してみたり、
まだまだ実現出来ないけども「こんなこと出来たら面白いなー」というアイデアをとりあえず追加していったり、
写真ブログだったら撮影した写真をTo-Doとして登録して、後からリストを確認してみたり…

色んな方法、アイデアがあると思います。 そうした浮かんでは消えていくアイデアを、消さずに残すためのツールとしては、Todoistって最適だなあと思いました。 今後もこれを主軸に、どんどんブログ記事を更新していこうと思っておりますよ。
ここまで読んでくださった皆さんも、この方法がご参考になればうれしいです。 それでは!

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly