スパムコメントを放置しているとGoogleからペナルティを食らう話


2013-0213-231516

以前、アンチスパムコメントのプラグイン『Akismet』を紹介したときにふと思い出したのですが、スパムコメントというものをあまりにも放置をしていると、Googleの検索エンジンのインデックス(登録)順などで不利になってしまうという話を聞きました。

スポンサードリンク

 

スパム放置サイトは弾かれる

Googleの検索エンジンのアルゴリズムにおいてはある記事のコメント欄にてスパムコメントが何個も書き込まれ、放置されている状態もGoogleのアルゴリズムは見ているようで、そこが検索順位の優劣に多少ながら影響をするものなのだそうです。

いかにすぐれた記事を書いていても、スパムを放置しているサイト/ブログは管理が行き届いていない、というように捉えられるのでしょうね。

Googleのアルゴリズム以前に、閲覧者の目から見ても確かにスパムコメントは見てていい気分にはならないので、そこを汲んで反映したものと思われます。

まあ具体的にどれぐらい順位に反映されるのか、という事についてはGoogleは基本的に明かしていないので不明ですが、このような話もあるよ、という話でした。

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly