スマホがあればVRが楽しめる? 「Arealer VRroom」を使ってみた


ArealerVRroom_2016-08-01 12.23.51

以前から商品を色々と提供いただいていたdodocoolさんから同じく提供頂いていた、VRヘッドセットを開封してみました。

VRか…。 イマイチそこまで興味ないままだったんだけど、最近は結構流行ってきてますね。 ちょっと、使ってみました。

スポンサードリンク

関連記事

Arealer VRroom

今回使ってみたデバイスはこちら。

 

 

2016年8月現在、1,799円で購入可能となっています。 えっ、安い。

VR用のヘッドセットというともっと高いイメージがあったのだけど、これはかなりお安い感じですね。

…とはいえ、これは映像自体をヘッドセットから流すのではなくスマートフォンをヘッドセットに装着して、レンズを通してVRの映像を見る、というタイプのものでした。

なので、要するにヘッドセットのみということですね。

開封の儀

開封してみます。 こちらがパッケージ。

01.2016-08-01 12.22.25

開封!

02.2016-08-01 12.23.27

こちらが本体です。

03.2016-08-01 12.23.54

開閉式の穴が開いてる。 どういう仕組なんだろう? (VRのことをさっぱり知らない素人の顔)

04.2016-08-01 12.23.57

こちらが覗きこむレンズの面ですね。 本体には頭に固定するバンドが付いているので、それを使って頭に固定して映像を眺めることになります。 ちなみに、メガネをかけながらでもなんとか装着できました。

05.2016-08-01 12.24.53

説明書も添付されていましたが、中国語のみ。 よ、読めない…。

06.2016-08-01 12.24.39

スマートフォンは、こうしてヘッドセットの横から挿入して使います。 こちらはiPhone5sを装着してみた図。

07.2016-08-01 12.40.22

08.2016-08-01 12.40.40

実際に適当なVR対応アプリをダウンロードして利用してみました。

…問題なく見れてますが、結局はスマートフォンを挿入してレンズ越しに見ているだけなので、スマートフォンのサイズによっては見え方が異なりそう。

この辺は、ディスプレイ一体型のVRヘッドセットとは違いそうです。 (使ったことないんですけどね…。)

対応しているスマートフォンサイズ

なお、装着に対応しているのは「3.5〜6.0インチのスマートフォン」とのことです。

iPhoneは5sサイズが4インチ、6s Plusが5.5インチなので、全機種とも大丈夫そうですね。

Androidのスマートフォンでも、おそらく問題ないかと。

お手軽、ではあるが…

というわけで、非常にお手軽にVRが楽しめるデバイスでした。 スマートフォンがあればOK。

そうなるとやはり1800円台なのは魅力的ですよね。 話の種程度にでもちょっと試してみようかな、という気になれます。

 

ちなみに、これが僕のVR初体験でした。 ただ正直、これがすごいことなのか? となんとも判断に困るというのが、正直なところ。

「へー。 こうなるんだねー。」以上の感想が出てこないのは枯れた人間だからなのだろうか!?

一度、本格的なVRヘッドセットで体感してみないと、本当にすごい! と思えないのかもしれないなあ。

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly