国内でも使える!米国版AmazonDriveなら日本の半額で容量無制限


以前、容量無制限のクラウドストレージで色々と比較検討を繰り返していた時期がありました。

 

2017年5月現在では、Amazonが「Amazon Drive」という名前でクラウドストレージサービスを展開しています。

目玉はやはりなんといっても、どんな種類のファイルでも容量無制限でアップロード可能な年額プラン「Unlimitedストレージ」でしょう。

 

実はこのAmazon Drive、アメリカのAmazon.comで提供されている米国版と、日本のAmazon.co.jpが提供している日本版の2種類が存在します。 (本当は各国ごとに別々に提供されているのだけど、ここではあえて割愛しておきます。)

そうなると日本国内からは日本版を利用する必要がありそうに思えますが、実は米国以外からでも、米国版が利用可能なのです。

更に、ほぼ同等のサービスであるにもかかわらず、米国版の方が利用料金が安いという状況になっています。

 

ということで、Amazon Driveの米国版・日本版をそれぞれ比較してみたいと思います。 (2017年5月時点)

Amazon Driveの利用検討の、参考にどうぞ。

 

※この記事では、便宜的に下記のように呼ぶことにします。

  • Amazon.comが提供:  米国版
  • Amazon.co.jpが提供: 日本版

スポンサードリンク

関連記事

Amazon Drive、米国版と日本版を比較してみる

さて、米国版と日本版を比較してみたのがこちら。

 米国版日本版
利用料(年額)59.99$
(6700円相当)
13,800円
利用料(月額)5$
(560円相当)
1,150円
容量無制限プラン有り
(Unlimitedストレージ)
有り
(Unlimitedストレージ)
日本からの利用可能可能
リージョン
(地域)
米国日本
アップロード・ダウンロード
速度
日本版には少々劣るが
高速
高速
アプリ利用可能
(ログイン時にPCの言語設定変更が必要)
可能

価格面では圧倒的に米国版が上

ひと目みて分かる通り、圧倒的に米国版の方が安くなっています。

完全に半額以下の金額設定です。 ドルレートが多少変動したとしても、米国版の方が安いことには変わりないですね。

 

もちろん、日本版の年額13,800円であっても月額に換算すれば1,150円と、従来のクラウドストレージの容量を考えても格安であることは間違いないレベルではあるのですよね。

…が、やはり米国版の元々の価格設定を見てしまうと、どうしても「高い」という印象を持たざるをえないのは仕方ないところ。

ましてや容量無制限のクラウドストレージを利用する層は価格帯の比較検討をしっかりするだろうことを考えると、やっぱり疑問が多い価格設定だと思ってしまうのだよね…。

アップロード速度は日本版に軍配、だが…?

ぼく自身はまだ日本国内からのアップロード速度を比較していないのでデータが出せないのですが、実際に比較してみたという方の記事がありましたのでこちらをご紹介しておきます。

データ転送速度は 56.33Mbps (7.04MB/sec)。
アップロードするのは498MBの動画ファイル(AVI)。

国内のAmazon Driveへのアップロードが完了するまで75秒。
NetDriveでマウントした米国Amazon Driveへのコピーに要した時間は100秒。

同じファイルのアップロードに約500MBのファイルで25秒の差が生じた。

ここで米国版が極端に遅い! ということであれば考えものですが、このデータを見る限りは「日本版のほうが多少速い」ぐらいであるといえますね。

現在はNZ国内から試しに写真等をアップロードしていますが、これも特別遅いという感覚はありません。 流石はクラウドのインフラ企業、Amazon様というところか…!

 

クラウドストレージという使い方を考えても、基本はアプリを起動したままアップロードをバックグラウンドで走らせておく程度であるはずです。 それならば多少の速度の違いぐらいであればぜんぜん許容範囲なんじゃないでしょうか。

☑ 価格面では米国版が圧倒的に安い
☑ 速度面では日本版の方が(若干)速い

スポンサードリンク

 

そんなわけで、改めてAmazon Driveの米国版を使ってみたいと思っております。

以前試した際は、「米国版ではアプリ版が利用できない」と思っていたのだけど、PCの地域・言語設定を変更することによって米国版Amazon Driveへログイン可能だということが判明したので、特に問題は無さそうです。

登録方法などについても、また別途記事にしてご紹介しますね。

それでは!

 

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly