【節約】まだ仕事中にコンビニで水を買ってるの? Amazonまとめ買いなら半額以下なのに…


Cap 2015-08-24 12.20.31

「お金が無い」と日常的に口にしてる人に限って、コンビニで水とかジュースとか買ってるんですよね。

僕はかれこれ2年間近く、コンビニでは飲み物を買わずに自宅から飲料水を持っていくようにしています。 持ち運び出来るサイズを考慮して、500mlのクリスタルガイザーのペットボトルをまとめ買いしてるんです。

だってクリスタルガイザーなどの飲料水、コンビニでの半額以下でまとめ買いできるんですよ、コンビニで買うのがバカバカしくなりますって。

スポンサードリンク

関連記事

クリスタルガイザー 500ml 並行輸入品

本体価格は現時点で2,032円です。 これに取扱手数料という送料みたいなものが350円かかります。 (むかしはこんな手数料なかったんだけどなあ。)

決めた期間で自動的に配送してくれる、「定期おトク便」にすると更に5%OFFで購入出来ます。 つまり、比較するとこういうこと。

項目定期便ナシ定期便アリ
本体価格¥2,032¥1,930
手数料¥350¥350
合計¥2,382¥2,280
単価/1本¥50¥48

2015年8月現在、1本48円で飲料水が購入可能です。 これは、スーパーなどで購入する場合(80〜90円程度)よりも遥かに安い価格です。 当然、コンビニで買うよりもね。

購入する時期によって価格が異なるので、購入前にチェックしておいた方が良いですよ。 現在は円安ですからね、3〜4年前は1本30円で購入できた時期もあったのだけど。

並行輸入品

このクリスタルガイザー、並行輸入品ということで価格が従来よりもかなり安くなってます。

あまり慣れ親しんでない人には「並行輸入品って大丈夫なの?」って感じるかもしれないけど、品質上はまったく問題なしです。 (問題あるものを売られてもそもそも困るし…)

2015-08-24 12.01.51

並行輸入品というものはそもそも「正規の国内代理店以外から購入した商品」であって、海外では「正規品」として売られているものです。 クリスタルガイザーの場合はアメリカ国内での正規品…ということですね。

ちなみに日本の正規代理店は大塚食品。


CRYSTAL GEYSER | 大塚食品

 

並行輸入品は多少ボトルの形状が違ったり、輸入品なので日本語表記になってない(英語)だったり、水源の原産地が違ったりするのだけど、味や品質については全く変わりないものを使ってます。

ちなみに産地は下記のようになっているみたいです。 両方ともアメリカ合衆国、カリフォルニア州。

  • 正規輸入品:オランチャ
  • 並行輸入品:シャスタ

2015-08-24 12.12.10

 

まあ僕自身、既に2年間ぐらい並行輸入品のクリスタルガイザーを飲み続けてますからね。 大丈夫だと思いますよ。

コンビニの水(108円)を止めて並行輸入品に切り替えた場合

というわけで、今回は定期おトク便を使った場合の単価でコンビニ購入からAmazonの並行輸入品に切り替えた場合にどれだけ節約できるかを計算してました。

項目節約額
コンビニの飲料水 500ml¥108
並行輸入品との価格差¥61
1ヶ月の節約額
(20営業日)
¥1,210
1年間の節約額¥14,520

年間14,520円の節約です。

味の好みはあれど、結局飲んでいるのは同じ水なので、それでこの差は結構デカいのでは。

コンビニのジュース(151円)を止めて並行輸入品に切り替えた場合

ついでに、コンビニでジュースを日常的に買っていた場合、これを並行輸入品に切り替えたらどうなるかも計算してみたよ。 こちらをどうぞ。

項目節約額
コンビニのジュース 500ml¥151
並行輸入品との価格差¥104
1ヶ月の節約額
(20営業日)
¥2,070
1年間の節約額¥24,840

なんと年間24,840円の節約になりました。

ジュースから飲料水に切り替えたら余計な甘味料や砂糖なども摂取しなくなるので更にヘルシーという点も見逃せない。

スポンサードリンク

 

まとめ

  • Amazonなら飲料水1本が48円で買える
  • 並行輸入品も品質的には問題なし
  • コンビニでの飲料水購入から切り替えたら年間14,520円の節約
  • コンビニでのジュース購入から切り替えたら年間24,840円の節約

この節約を、たかだか年間1〜2万円の節約とみるかどうかは個人次第です。

確かに「この節約だけ」をやってみても、1〜2万しか節約できないのは事実なのだけど、それ以外にも節約できることって沢山ありますからね。 その数ある節約を組み合わせていけば、年間もっともっと節約できるわけですよ。

これはその数ある節約術のひとつです。

冒頭でも話したとおり、「お金がないからなあ〜」とか言う人に限ってタバコを日常的に吸っていたり飲み物をコンビニで購入したり、ポイント制度を有効活用していなかったりするんですよね。

まずはそんなに苦にならない程度の節約からやってくのが、一番幸せに暮らせるコツだと思う。

節約術の関連記事

というわけで、過去にTipstourで紹介している節約術を並べておきます。 こちらもぜひどうぞ。


【節約思考】働くことのストレスを「消費すること」で埋めてはいけない | Tipstour


100円で1マイル貯まるANA Visa Suicaカードを使って勝手にマイルが貯まる仕組みを作ろう | Tipstour


航空券とホテルを一緒に予約でホテル代無料な「AIR+割」をExpediaがやってます | Tipstour


夏フェスやキャンプならアウトドアレンタルでテントや寝袋を借りた方が格安な件 | Tipstour


2週間コンタクトレンズを買うなら年間定期購入が1万円以上安くなるので断然オススメだという話 | Tipstour


【節約】知らぬと損する「本を安く買う2つの方法」は、Amazonにありますよ | Tipstour

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly