DTMソフトウェア、Ableton Liveにて外部のプラグイン、VSTを使う場合のTipsです。

Live画面を操作しようとした時にVSTウィンドウはときおり邪魔になります。

出来ることなら、一発で表示/非表示を切り替えるショートカットキーを使いたいところですよね。

今回は、そのショートカットキーについてまとめました。

VSTのウィンドウを表示/非表示するショートカットキー

さて、以下がそのショートカットキーです。

Windowsの場合

この操作、WindowsとMacとで押すキーが異なります。 Windowsの場合は以下の通り。

Ctrl + Alt + P

これら3つのキーを同時押しします。

Macの場合

Macの場合はこちら。

Command + Option + P

こちらも3つのキーを同時押しです。

キー配列はほとんど同じですね。

実際に押してみるとこうなる

実際に、このショートカットキーを使ってみるとこうなります。

まずはVSTウィンドウを表示した状態の画面。

VSTウィンドウが画面上大きな場所を占めていて、Live側の操作がし辛い状態ですね…。

 

ここでショートカットキーを押すと…。

一発で非表示に!

もちろん、もう一度ショートカットキーを押すことで再表示できます。

Live上のボタンでも表示/非表示の切り替えが可能

ちなみに、Ableton Live上の画面でも、この表示/非表示の切り替え操作が可能です。

まずはLiveのセッションビューから、画面下部のVSTインストゥルメントを探します。

ここに工具マークのアイコンがあるので、ここをクリック。

 

すると同じようにVSTウィンドウが表示/非表示されます。

こちらで切り替えをしながら作業していくことも可能ですが、その場合もやはりVSTウィンドウが邪魔になって操作しづらいと思うので、やはりショートカットキーを使うのが良いでしょう。

 

これでウキウキ、DTMライフです。

それでは!