10月から無職マンになった僕が仕事を辞める前にやっておいた7つのこと

Cap 2015-10-16 11.57.41

はいこんにちわ! 先月末で退職処理を済ませてきまして、ようやく今月から無職マンになった僕です。

正式に退職してきました。 8年6ヶ月お世話になりました。

Ymbk Borraginolさん(@slyellow2)が投稿した写真 –

従業員としての仕事を辞めるということは、大きく環境が変わります。 誰かの言うとおりに何かをやらなくてもよくなった「自由さ」と、自分で何かをやらないといけないという「自己責任」の2つをダブルで手に入れたという境地です。

そんなわけでTipstourでも退職後の記事を色々と書いていこうと思っていますよ。 まずは、9月末に仕事辞める前に僕がやっておいた7つのことをまとめてみました。

スポンサードリンク

関連記事

1.ある程度の貯金をしておく

お金がなければ生活できません。 当然です。 仕事を辞めるうえでやっぱり大切になるのは、当面の生活資金をどうするかですよね。

給料が途絶えた途端、いきなり貧困にならないようにある程度の貯金は間違いなく必要です。 というか、貯金がないのに新しいことをしようとして仕事を辞めるのは、ただの無謀です。

 

ということで僕の場合、ワーキングホリデーに行くという予定もあるので、そのワーキングホリデーの準備費用として200万円ほど。 それ以外に当面の生活資金として口座に100万円程度。

これ以外にも投資信託などで預金があるのでもうちょっと資産はあるのだけど、とりあえず当面はこれぐらい預金があれば、生活できるだろうと踏んでます。

失業保険というものもあるけど、自己都合退職の場合は3ヶ月の給付制限期間があります。 最低でも3ヶ月中は食いつなげる程度の貯金は持っておけよ、ということなんでしょうね。

2.退職後にも収入が入る仕組みをつくる

仕事を辞める前に本当に必要なのは、自動的に収入が入り続ける仕組みなんじゃないかと思うわけです。 ようするに、不労収入を得てから仕事を辞めるということ。

僕の場合はまさしくTipstourなどのブログ収入がそれです。

ブログ収入と言えども更新し続けなければ収入にならんだろうと思われがちですが、過去記事の積み重ねで自動的にアクセスを稼いでくれるので、仮にブログの更新を止めても月10万〜15万くらい手元に入ってくるようになってます。


あんまり定期報告とかはしないけど、Tipstourの収入は順調に伸びてますよ。 | Tipstour

逆に言えば「仕事をしなくても収入が入る仕組みができたから辞めた」とも言えますね。

3.欲しいものを買っておく

仕事を辞めて新しいことをしようとするということは、収入が不安定になるということ。

不労収入があるとはいえ、やはり従業員としてもらう給料と比べると不安定です。 収入が不安定だと、高い買い物(…と言っても数万円ぐらいの)をするのにも躊躇してしまうようになりますね。

以前にもまして、財布の紐が締まることは間違いないなと考えていたので、欲しいものは事前に購入しておくことにしました。

 

…とはいえ元々そんなに浪費癖があるわけでもないので、今まで通りといえば今まで通りではあるのだけど。

4.歯の治療をしておく

退職後は一時的にでも健康保険が使えなくなります。 僕の場合、ちょうど会社で加入していた健康保険証が更新された直後に、退職するんで健康保険証を返してくれと言われました。

健康保険証がない状態で病院に行ったり歯の治療をしたりすると、医療費全額を払うことになるので相当の痛手です。 (健康保険に加入していると3割負担)

そういう事情もあるので、歯の治療は急ぎで済ませました。 歯に限らず、薬を貰っておいたりなどは仕事を辞める前にやっておいた方がいいことのひとつですね。

 

とりあえず今回は、今まで加入していた健康保険に継続加入しました。 2年間は継続可能で、新規に他の健康保険に加入するよりも安上がりなようです。

後日また健康保険証を送付してもらったので、歯の治療が必要になったら3割負担でやってもらえる状態にはなっています。

よく考えるとたった1ヶ月の間で3枚ぐらい保険証を所持していたことになるんだな…。笑

5.退職後にやりたいことリストをつくっておく

仕事を辞めると、拘束がとけて自由な生活になります。

僕自身も元々、仕事を辞める目的が「まとまった自由な時間を得たい」というのと「ワーキングホリデーに行く」というのが目的でした。

その自由な時間を得てなにをしたいか、明文化しておかないとただ時間を浪費するだけになってしまうという危機感もあったので、「退職後にやりたいことリスト」をつくっておきました。

このリストは以前、下記の記事にまとめてます。 ま、興味があればどうぞ。


8月末に仕事を辞めてからやりたい8つのこと | Tipstour

6.年休消化できるか交渉

日本の年休不消化率が6年連続ワーストという輝かしい不名誉な記録を更新があるように、僕も例に漏れず消化しきれていない年休残数が結構ありました。


6年連続ワースト更新!有給休暇国際比較調査2013|エクスペディア

日数にしてだいたい30日程度。 これをそのまま消失してしまうのも嫌だなぁ…と思ったので、年休消化のための期間を貰えるかどうかを会社に相談してみました。

この辺の経緯は、下記の記事でちょっと詳しく紹介してます。 僕の事例ですが、参考になれば。


辞職前に年休が沢山残ってたので「年休消化期間」が貰えるか交渉するためにやった4つのこと | Tipstour

7.退職届を出す

最後に、会社に向けて退職届を出しました。

退職届を出した経験は生まれて初めて。 一度なりともこういった経験をしておくことって意外と後々役に立つんじゃないかなと思ったりしているのだけど、どうだろう。

僕は「別に仕事が苦になったり飽きたら辞めてもいいんじゃない派」の人間なので、仕事を辞めることにはそれほど抵抗はないんですよね。 もし今後別の企業に就職することになっても、またこの退職届を出すことになるかもしれないですしね。

その際の練習(?)だと思えばいい経験ですよ。

スポンサードリンク

 

さて…参考になるかどうかはわかりませんが、僕が退職前にやっておいたことをまとめました。

やっぱり無職になった後の最大の問題はお金ですね。 お金さえあれば、大抵の不安は解消されますもん。

僕が3, 4年前からブログを書き始めて、定期的な収入を得ようとしたのも、全ては仕事を辞めて自由な時間を得ることが目的だった訳です。

ラットレースと呼ばれるような生きるために全力で働き続ける生活をしたくないということはかなりのモチベーションになりました。 働きたくないから頑張るというモチベーションも大事! だよね。

 

そういう意味ではようやくやりたいことのスタートラインに立ったばかりなので、継続的に活動しなきゃいけないなと! 改めて思う次第ですね。

それでは。