突然の台風などで旅行がキャンセルになったときの4つの心構え


Cap 2015-10-16 13.45.39

先日、こんな記事を意気揚々と書いていたら、台風が発生いたしまして。


来週、北海道・知床旅行に行ってきます。 | Tipstour

北海道に上陸予定だった日にちょうど台風も(とてもめずらしいルートで)北海道に上陸するという「なんなんだよクソ!」と言いたくなるようなタイミングで直撃してしまいまして。 泣く泣くキャンセルとなりました。

Cap 2015-10-06 18.47.49

代わりに急遽計画を変更して、福島へのプチ旅行に変更しました。 せっかく家族で予定を合わせていたので、「北海道に行けないなりに、別の場所へ旅行行こうよ!」ということになりました。

自然現象に腹立てても仕方ないことは理屈でわかっていても、なかなかに怒りがこみ上げますよね。 特に綿密に前もって計画していて、楽しみにしていた旅行がこうしたことでキャンセルになるのは、つらいものがあります。

そういう場合の心構えを、僕なりに考えました。 寛容な心が必要です…。

スポンサードリンク

関連記事

1.計画時に第2案を頭の片隅に置いておく

台風にかぎらず、不慮の出来事で計画していた旅先にいけなくなることはよくあります。

別に本格的にプランを建てなくてもいいので、「最悪キャンセルになったらこうしよう」というような代替案を予め考えておくことは有用です。

今回の台風も1週間前には北海道に向かっているらしいことが判明したので、その頃から「本当に台風が直撃して旅行が中止になったらどうしようかな」ということを薄々考えていました。

そうしたこともあったのでなんとか代替案をひねり出すことができましたが、代替案をノープランで考えていたらただ単純に中止していただけになっていたハズ。

2.規模縮小して楽しむ

急遽計画が変更になった場合は、あえて規模縮小して別の方法に切り替えた方が楽です。

具体的には近場へのプチ旅行に切り替えたり、旅行の期間を短くしたり。 目的地には行けなかったけど、別のことをして楽しもうというスタンスです。

そのためには、あまり計画や予約が面倒じゃない旅行にするのが良いです。 大急ぎで計画を立てて予約の電話をして、というのはかなり大変です。 そんな気苦労をするぐらいなら、規模を思いっきり小さくして省エネにするのが好ましい。

規模縮小することで逆に「費用が安くなった」とか「最終日を休みに充てられるようになったので気が楽になった」というようなプラス作用もあるかもしれないですしね。

まあ、気休め程度のプラス作用だけども、まるっきりダメになるよりはいいよね。

3.「旅にトラブルはつきもの」と考えておく

予定してた日にちに見事に台風がぶつかったりすると「なんて運が無いんだ…」と嘆きたくなりますが、そういうトラブルはよくあることと考えておきましょう。

出かける予定がある日に雨が降ったりするのと同じです。 規模は違うけど、どちらも自然の現象のせいで避けられないことですし。

それに、自然現象以外でも旅のトラブルというものはつきものです。 全てが計画通りに行く旅行の方が、実は珍しかったりしますよね。

 

そういえば僕自身も2014年のオーストラリア旅行でも、行きの飛行機、帰りの飛行機の両方でトラブったこともありました。 その時も予約していた宿やバスのキャンセルが大変だったけど、それもよくあることと思って諦めておきました。


深夜の成田空港に取り残されたときに覚えておくといい4つのこと | Tipstour


ジェットスター欠航で立替えてたタクシー代が無事戻ってきた件のまとめ | Tipstour

4.あまり深く考え過ぎない

キャンセルになったらキャンセルになったで、旅行のことはスッパリ忘れちゃいましょう。

実際に現地に行けなかったことや、中止に伴うキャンセル料などは痛いけど、気にしていてもキャンセルになった旅行が戻ってくるわけじゃないのだし、別のことを考えて気を紛らわせた方が有用です。

 

どうせ旅行先が無くなっちゃうわけじゃないんだから。 また計画しなおせばいいんです。

スポンサードリンク

 

まあ、半分ぐらい自分に言い聞かせているような記事ですが!(笑)

日本は台風やら地震やら、場合によっては噴火やらと自然災害に悩まされることが多いので、こうした旅行キャンセルもよくあることです。 

実際僕もなんども台風の影響で予定が変更になったり中止になった旅行や計画がありました。 常によくあること…そう考えて…そう言い聞かせておきます…。

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly